映像演技を中心に、舞台役者としても通用するためのレッスンを行います。毎回のレッスンではカメラテストを行い、常に自分や他の生徒の演技をモニター上でチェックします。その後、1本のショートムービーを制作します。プロの現場の中で収録する経験をしていただくことで、あらゆる現場で即応できる力を養成していきます。

LESSON CURRICULUM

通常授業内容

基礎編

・基本の発声練習

・「ういろううり」朗読 確認作業

・反応ゲーム(009&007)

・総合的な基礎訓練として8カウントで歩行しながら「ういろううり」の詠唱

 ⇒(現場で求められるマルチタスク的な動きに反応し、

            現場の要望を的確に処理するための基礎訓練)

 

作り込み編

・役を使ったエチュード(即興劇)

・役になりきる練習

・基本の応用として(エネルギーを出す)(エネルギーを受け取る)

(相手に委ねすぎずにストーリーを作る)の3点を総合的にトレーニングする

・その後ディスカッションで周りからの評価をもらう

 ⇒(これによって自分の目指していた方向性と観客側から

        『どう見えたか?』を照らしあわせ、表現の幅を広げていく)

 

テキスト編

・実際の映画の台本を使い演技をする。

 邦画では物まねになってしまうので洋画を基本使用する。

・手本を参考にしたり、手本とは別のアプローチをかけてみたりするなどにより、

 脚本を読み取る力と表現力、お芝居の力学をトレーニングする

・カメラを使い映像として自分を見る 

・その後ディスカッションで周りからの評価をもらう

 ⇒(これによって自分の演じたい演技と観客側から

      『どう見えたか?』を照らしあわせ、表現のレベルUPを図る)

 

レッスン終了後、講師の横川監督によるショートムービー撮影。

完成品は宣材として使用、国内外の映画祭に出品。